FC2ブログ

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「~しなくては、いけない」は、ストレスの温床

2010–01–05 (Tue) 20:44
前回からの続きです。 <エゴグラム第 1弾は、こちらです。>

エゴグラム 第2弾

自分の真実の性格を知ってしまい、「私は、やさしくない性格だったんですね…。」と
嘆く私に、カウンセリングの先生から、「もしかしたら、NP(養護的な母親の心)が
低いのではなく、ご自分が持つ優しい心を上回るほどに、厳しい心が強くて、
CP(厳格な父親の心)の高さが強調されているのかも?」と、なんとか、フォロー
していただきました。

私は、厳しくする心が強い、という診断結果がでても、始めはピンとこなかったの
ですが、 「~しなくてはいけない。」「~すべきである」という気持ちが強いことも、
CP(厳格な父親の心)が高い特徴のひとつ
と、先生に言われ、納得できるものが
ありました。

確かに、私は「~しなくてはいけない。」という気持ちのままに、いつも行動して
いました。
それは、自分に多少の無理がかかっても、自分が犠牲になったとしても…。
それが私は、他人に対する、やさしさなんだと思い込んでいました。

ところが、私は他人に対して、「あの人が喜ぶから、こうしてあげよう。」
「こうしてあげたい。」という優しい気持ちよりも、「あの人に辛い思いをさせては
いけない!」という「い・け・な・い」気持ちの方が強いことが分かったのです。

そう思うことで私は「自分は~しなくては、い・け・な・い!」と思い、自分自身を
厳しい立場に追いやり、精神的に苦しくなるのだそうです。

また、私は人に頼ることを嫌い、何でも自分ひとりで悩み、行動したがるのも、
自分に対する厳しさが強いためだと分かりました。

他人にも、自分にも厳しくしすぎることが、私がストレスをためやすい一因なんだと、
思い知らされました。


改善策としては、自分が自己満足するために「~しなくては、いけない!」と思う
気持ちを、本当に他人のために「あの人が喜ぶなら~してあげよう。」と、自然に
思えるようになることで、心の持ち方が変わり、ストレスも減るというお話でした。

どうやら私が、優しさや責任感だと思っていた「い・け・な・い」気持ちを
コントロール
していくことが、当面の課題になりそうです。

でも、長年つきあってきた思考を変えるのって、ホントに、む・ず・か・し・い!


次回の、エゴグラム第3弾に続きます。 <エゴグラム第 3弾は、こちらです。>



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ→心の持ち方 / ジャンル→心と身体

« 冷たい性格診断 エゴグラム | HOME |  「自由奔放な子供の心」の大切さ。エゴグラムから »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://chemi776.blog69.fc2.com/tb.php/37-66801acf

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

しばわんこ

Author:しばわんこ
夫は2000年にうつ病発症、現在も通院治療中。

私も1998年から2005年までうつ病を経験し、現在克服。
2008年にパニック障害になり、2011年頃よりパニック症状はなくなるが、飛行機や長距離の電車などは、緊張感からくる胃の不調に悩ませるため、未だに苦手。

カウンター

オンライン

現在の閲覧者数:

ページ移動

カテゴリ <クリック後、記事一覧>

  • はじめに、このブログについて(1)
  • パニック障害 &うつ病(27)
  • うつ病 only(21)
  • 心の傷と カウンセリング(7)
  • カウンセリング メンタルヘルス(9)
  • メンタル な話(6)
  • 日記(38)
  • 野球 日本ハムファイターズ(2)
  • 料理&お菓子(4)
  • 音楽(1)
  • おすすめグッズ(2)
  • 未分類(0)

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

リンク  <リンク先の紹介付き>

マウスでポイントすると、ブログの紹介文がご覧いただけます。↓ 下からどうぞ。

応援下さり、ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございます。
ポチッと応援いただけましたら、嬉しいです。
 ▼

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
FC2 ブログランキングへ

お気に入りに追加 (IE専用) 

記事内検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。