FC2ブログ

枯れゆく植物へのプラス思考

2009–12–24 (Thu) 23:26
我が家にやって来る鉢植えの花や植物たちは、何故かみんな、日が経つにつれ、
元気がなくなり、その後無残な姿に…。
そして、残念ながら、お別れすることとなります。

本当に育たないどころか、やって来た時の、元気な姿を維持できないのです。
繁殖力のある芝桜もダメ…。ラベンダーも、バラも、観葉植物も…。
                北海道、摩周湖のまりもでさえも、ボロボロに崩れて…。
まりものマスコット 
結局、植物が入っていた「鉢」ばかり溜まっていくのです。

きちんと、水も、時には肥料もやっているのに…。
飼い主が、繊細でなければダメなのかな…。

今は亡き父は、難しいといわれる花でも、見事に花を咲かせることに成功して
いたので、鉢植えの花の管理は、もっと簡単なものだと思っていたのですが…。

それにも懲りず、最近植物たちが、クリスマスに向けて、またやってきました。

【下に続きます↓】

高さ40㎝のポインセチアと、高さ120㎝のゴールドクレストです。
このゴールドクレストには、光ソーラーのLEDライトが付属されていて、
巻きつけると、すっかり、クリクマスツリーになりきります。

LEDライトに光ソーラー付きのがあるとは、知りませんでした。
進化しているんですねぇ。

ポインセチア ゴールドクレスト

この二つの植物を見ていると、私はいつものように、また枯れてしまうんじゃないか…。
という不安を心にしまいつつ、主人に「やっぱり、植物はいいねぇ。だけど…。」と 、
そこまで言い、その後の言葉が続きませんでした。

最近、うつ病が良くなってきた主人は、その後私に、こう言いました。
「毎年花開く多年草だと思うから、がっかりするんだ。家にあるのは全部、
いっとき花開いて終る、一年草だと思えば、悲しまないですむよ。」と…。

これは、プラス思考なのではないかな、と、私は思いました。
マイナス思考が多かった主人には、今までできなかった、前向きな発言でした。
鬱が良くなってきた証(あかし)だと、嬉しくなりました。

その数日後、主人は二つの植物に、こっそり声をかけていました。
「来年のクリスマスまで、元気でいるんだぞ。」 と…。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



« パニックに効くSSRIを、絶対飲めない理由。 | HOME |  うつの人に、言ってはいけない言葉 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://chemi776.blog69.fc2.com/tb.php/26-b2e16e79

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

しばわんこ

Author:しばわんこ
夫は2000年にうつ病発症、現在も通院治療中。

私も1998年から2005年までうつ病を経験し、現在克服。
2008年にパニック障害になり、2011年頃よりパニック症状はなくなるが、飛行機や長距離の電車などは、緊張感からくる胃の不調に悩ませるため、未だに苦手。

カウンター

オンライン

現在の閲覧者数:

ページ移動

カテゴリ <クリック後、記事一覧>

  • はじめに、このブログについて(1)
  • パニック障害 &うつ病(27)
  • うつ病 only(21)
  • 心の傷と カウンセリング(7)
  • カウンセリング メンタルヘルス(9)
  • メンタル な話(6)
  • 日記(38)
  • 野球 日本ハムファイターズ(2)
  • 料理&お菓子(4)
  • 音楽(1)
  • おすすめグッズ(2)
  • 未分類(0)

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

リンク  <リンク先の紹介付き>

マウスでポイントすると、ブログの紹介文がご覧いただけます。↓ 下からどうぞ。

応援下さり、ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございます。
ポチッと応援いただけましたら、嬉しいです。
 ▼

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
FC2 ブログランキングへ

お気に入りに追加 (IE専用) 

記事内検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード