FC2ブログ

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が爆発したその後は…。

2010–12–11 (Sat) 20:48
ご訪問くださいました皆様、ご心配いただきまして、ありがとうございました。
主人は今朝から、急激に鬱が良くなりましたが、既に前回の記事の続編を書いて
いたので、載せることにしました。

前回の記事はこちらです。→私が爆発してしまった主人の一言…。

<前回の記事からの続きです。>
主人が部屋にいなくなった後も、私の怒りは治まりませんでした。
一体私、どうしちゃったんだろう?
こんな些細なことで…。
今までだってこんな事、よくあったことなのに…。

その後、私が気持ちを沈めるためにとった行動…。
それは、ブログにこの気持ちをぶつけようとしたことでした。
パソコンに向かうと、何故だか火が消えるように、冷静になり始めました。

私はいくらだって、ストレス解消の方法がある…。
だけど主人には、何もストレス解消法がない…。
ないというより気力がなさ過ぎて、何もできない。

私は怒鳴ってスッキリすることができたけれど、主人は自分のことも私のことも、
益々嫌になり、うつうつするばかりだ。

主人だって、そんな考えを持ちたくて、もっている訳ではない。
鬱という病気が、そう思わせてるんだ…。

主人のために努力している私の気持ちが、無駄になる悔しさを優先してしまい、
主人の辛い気持ちを分かろうともしなかった…。

そんなことを思うと、私がすぐに誤るしかないと思いました。
主人は私にあんなこと言われて、更に鬱が酷くなり、眠れないでいるでしょう。
それに元気なときに喧嘩しても、いつも主人から誤ってくることないしねっ。

私は、ろくにご飯も食べられない主人に、鬱の薬、肝臓の薬、肝臓の栄養剤、
ビタミン剤と持って寝室に行き、言いました。




「ごめんね…。感情的になりすぎたわ。さぁ、薬飲んで。」と二度ほど
私が言うと、初めは拒んでいた主人も飲んでくれました。

「でもね、良くなって欲しくて、私も一生懸命になっているから言ったんだよ。
私だけ頑張ってもしょうがないからね。一緒に直していこうね。」
と言った言葉に返事はありませんでしたが、これで良かったんだと思い寝室を出ました。

言い終わった私は、何故だか涙が流れました。
鬱の人が一番辛い。二番目に、鬱の家族も辛い…。


主人が言ったように、私だって正直いって、鬱の薬で良くなるとは思ってはいません。

むしろ鬱の薬に対して、否定的な考えもあるぐらいです。
でも医師の許可なく勝手に、突然断薬した後の怖さの方が大きかったのです。

それに、主人が薬を飲まないというのは、肝臓の薬も栄養剤も含まれていました。
とにかく、主人は自分の体に嫌気がさし、「もうどうなってもいい」と考えたのだと
思います。
その気持ちは、分かります。
私も鬱のときは、同じ考えを持ったこともありますから…。

でも、なんとか少しでも良くなって生きて欲しいのです。
主人は、自分のためでなくてもいい。
せめて、私のために生きて欲しいのです。
それが夫婦ってものでしょう?

だからどんなに辛くても、鬱が良くなる希望だけは、失わないで欲しいのです…。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

« 私が爆発してしまった主人の一言…。 | HOME |  少し残念なクリスマスパーティー…。 »

コメント

まりんさんへ

まりんさん、こんばんは。

ガス抜きとは、いい言葉ですね。
そうですよね。ガスを抜かずにためておくと、大爆発してしまいますものね。
少しずつ、出していくのもいいのかもしれませんね。

主人はこのショック療法?のせいなのか、関係ないのか分かりませんが、
この翌日の帰宅後から回復の兆しがあり、昨日からはすっかり元の主人に戻りました。

良いときと悪いときの差がとても激しく、別人のように変わるのですよね。
自分でも慣れたつもりだったのですが、その変化について行くのも、戸惑うことが
多く、まだまだ修行中です。

まりんさんからの主人へのお言葉、本人も大変感謝しておりました。
本当にありがとうございました。

しばわんこんが、爆発した後にご主人のもとに行かれた事、とてもよい判断だったと思いますよ。人間いつもいつも天使のままではいられません。適度なガス抜き(ストレス解消)は必要です。ご主人が薬を拒否されたのもガス抜き。それに対してしばわんこさんが爆発したのもガス抜き。それでお互いに少し楽になったのではないでしょうか。

生きて行くというのは楽な事ばかりではないですけど、私はご主人には明日のために、未来のために生きてほしいと思っています。今日がつらくても明日はすっごくいい日かもしれないし。今日が辛いから明日が楽しかったりするって事もあるかもしれないし。

がんばらないで、今できる事をして明日を迎えてください。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://chemi776.blog69.fc2.com/tb.php/136-20f718ff

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

しばわんこ

Author:しばわんこ
夫は2000年にうつ病発症、現在も通院治療中。

私も1998年から2005年までうつ病を経験し、現在克服。
2008年にパニック障害になり、2011年頃よりパニック症状はなくなるが、飛行機や長距離の電車などは、緊張感からくる胃の不調に悩ませるため、未だに苦手。

カウンター

オンライン

現在の閲覧者数:

ページ移動

カテゴリ <クリック後、記事一覧>

  • はじめに、このブログについて(1)
  • パニック障害 &うつ病(27)
  • うつ病 only(21)
  • 心の傷と カウンセリング(7)
  • カウンセリング メンタルヘルス(9)
  • メンタル な話(6)
  • 日記(38)
  • 野球 日本ハムファイターズ(2)
  • 料理&お菓子(4)
  • 音楽(1)
  • おすすめグッズ(2)
  • 未分類(0)

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

リンク  <リンク先の紹介付き>

マウスでポイントすると、ブログの紹介文がご覧いただけます。↓ 下からどうぞ。

応援下さり、ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございます。
ポチッと応援いただけましたら、嬉しいです。
 ▼

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
FC2 ブログランキングへ

お気に入りに追加 (IE専用) 

記事内検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。