FC2ブログ

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後悔しないための道しるべ

2010–05–23 (Sun) 21:51
私がしばらくダウンしている間、入院している義父の問題を、主人が一人で片付けて
いきました。

義父が入院したストレスと、連日のお見舞いの疲れがきているためか、主人は鬱で
体調が悪く、会社を休むことも多くなりました。
それで寝こんでいる日でさえ、緊急に主治医から話があると呼び出され、無理矢理
起きては、30分も車を走らせ病院に行っていました。

主人は先週、会社にまともに行けたのは1日ぐらいしかありません。

誰も動ける人がいないのに、病院には行かなくてはいけない…。
正直、辛いです。

義父は見た目は元気そうなのですが、心筋梗塞の疑いがあるため、今週、大学病院に
転院し、その後心臓カテーテル手術をしなくてはならなくなりました。
91歳という高齢のためリスクが大きく、不安も大きいです。

こんな一大事なのに、未だに主人の兄は、私達からの連絡を拒否しています。
私達からの電話も訪問も一切受け付けないまま…。
もちろん、病院にお見舞にも一度も来ていません。

こちらから一方的にメールを送り、「重篤な病気のため、命に関わる決断をしなくては
ならない。今日中に家族で相談するように医者からいわれているから、電話を通じる
ようにしてくれ。」
と言っても、さっぱり連絡もないし、電話も通じないまま…。

【下に続きます。↓】

私達は、義父夫婦は親を捨てたのだと思いました。
もう、連絡をするのは止めることにしました。
私達だけで、すべて進めていく覚悟です。

義兄も以前、うつ病を患っていて結婚前には治ったように見えたのですが、もしかすると
それが再発しているのかもしれません。
でも今は、親の命に関わるときです。
病状を知ることさえ拒むということは、信じられません。

義姉が、嫌な情報を義兄に与えないように連絡をブロックしているのか、義兄自体が
無視しているのか、それさえも分かりません。

義兄は後悔することになるでしょう…。
「親孝行、したいときには親はなし…。」という言葉は本当です。
実際に、私がいつも感じていることです。

その時にどんなに尽くしたと思っても、「あの時こうしていれば良かった…。」と
悔やまれるものです。

主人は体が辛いけれど、今は多少の無理をしながら行動しています。

私は、自分が満足にできなかった親孝行を主人がしている姿を見て、将来後悔しない
ための道しるべに沿って歩んでいると感じています。

関連記事はこちら→ <悔いが残らないように…。>

パープルライン

今日は主人の体調が少し良くなったので、近くの公園でランチをしようとお弁当持参で
出かけました。
風が強く「寒い寒い」と言いながら食べ、早々に引き上げて来ましたが、
いい気分転換になったようです。
お弁当パワーで元気になーれ!

出来上がりまで、2時間かかってしまった…。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ→うつと暮らす / ジャンル→心と身体

« 鎮痛剤から解放された日。 | HOME |  美容室は乗りこえたけれど…。 »

コメント

とうきさんへ Re: こんばんは

とうきさん、ありがとうございます。

とうきさんのご主人様のお母さまはきっと、とうきさんに本当に感謝したまま
旅立たれたと思いますよ。
とても大事なお役目をされましたね。

私の母が亡くなったときも、実の兄は母の意識のあるうちに駆けつけることが
できませんでした。

とうきさんの義姉さんと同じような理由です。
兄は結婚後もいつも母を悩ませ続けていたのに、母が病気になってもお見舞いにさえ
来たがりませんでした。

主人とよく、「お互いの兄は頼りにならないね」と言っています。

でも私の場合は、主人が元気なときには話すことができるからいいですが、
とうきさんは、ご主人様とも意志の疎通が難しいのではないか、と心配しています。

どなたか、本当に心の通じ合える方がいらっしゃるといいのに…と思っています。
話すだけでも楽になることもあるので、なるべくご自分一人で抱え込まないでくださいね。

ブログにも、愚痴をたくさんこぼして気持ちを楽にしてください。
私も、ブログで発散したいと思います。
コメントありがとうございました。

こんばんは

しばわんこさんも大変ですね。
人は最後にそばにいて欲しい人に会うようになっているといいます。
これは私も何度も経験してきたことです。
主人の母の亡くなる時も、あれだけ自分の娘が一番と言っていたのに、義姉はカラオケに行っていて間に合いませんでした。その日の朝に義父に母に会いにいったらどうかといわれたのにカラオケに行ってたそうです。主人もだれもいずに、私一人で看取りました。でも最後の言葉は、あんたがいてくれてよかった・・・でした。
しばわんこさんも後悔しないように、でも自身やご主人の身体のほうも気を付けてくださいね。無理しないように、お父様の回復を願っています。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://chemi776.blog69.fc2.com/tb.php/104-e2804704

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

しばわんこ

Author:しばわんこ
夫は2000年にうつ病発症、現在も通院治療中。

私も1998年から2005年までうつ病を経験し、現在克服。
2008年にパニック障害になり、2011年頃よりパニック症状はなくなるが、飛行機や長距離の電車などは、緊張感からくる胃の不調に悩ませるため、未だに苦手。

カウンター

オンライン

現在の閲覧者数:

ページ移動

カテゴリ <クリック後、記事一覧>

  • はじめに、このブログについて(1)
  • パニック障害 &うつ病(27)
  • うつ病 only(21)
  • 心の傷と カウンセリング(7)
  • カウンセリング メンタルヘルス(9)
  • メンタル な話(6)
  • 日記(38)
  • 野球 日本ハムファイターズ(2)
  • 料理&お菓子(4)
  • 音楽(1)
  • おすすめグッズ(2)
  • 未分類(0)

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

リンク  <リンク先の紹介付き>

マウスでポイントすると、ブログの紹介文がご覧いただけます。↓ 下からどうぞ。

応援下さり、ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございます。
ポチッと応援いただけましたら、嬉しいです。
 ▼

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
FC2 ブログランキングへ

お気に入りに追加 (IE専用) 

記事内検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。