FC2ブログ

ストレスに気付いた自分

2011–03–31 (Thu) 21:37
原発の深刻な事故は、更に気になるところで、一日中テレビをつけていないと
不安になります。

地震後の報道を毎日見続け、被災地でもないのに、何かをする気力もなくし、
体調を崩していました…。

余震も少なく、計画停電や放射線の影響もない地域なのに、こんなに弱いことでは
困ってしまいます。

それでも、テレビに映る被災地の方の前向きな姿に、日々、生きる力と勇気を
いただくうちに、「いつまでも、私が泣いていたって何の役にもならないし、
私は私のできることをするため、そろそろ元の生活ペースを取り戻そう」と
思い始めました。


そう思いたってから2日目の昨日、また義父の緊急入院となりました。

昨年の夏に退院して半年しか経っていないのに、転倒したことから、腰の圧迫
骨折となってしまったのです。
幸い、手術なしですみましたが…。

世の中がどのような事態になったとしても、身の回りの良くない出来事は、
お構いなしにやってくるものだなぁ…。


そんなことを思っていると、ふと、いつもとは違う自分の変化に気付きました。

日本最大の危機+義父の入院と退院後の生活のお世話…。
それは自分にとって、大きなストレスなんだと感じられたこと…。

今までは、ストレスをストレスだと気付かず、変らずに行動を続けることで、
体の不調を招いてきたように感じます。
そして、体に不調が出て初めて「自分はストレスだと感じていたんだ…」と
気付くことが多かったのです。

今回は「これはストレスなんだ」と認識出来たことで、ストレス解消するための
方法を考え、行動をしようと思いました。
こうすることで、少しは自分の体をストレスから守れるような気がしています。

と言うわけで、その第一弾。
明日、3ヶ月ぶりに美容室に行って、スッキリしてきます。
私にとっては、いい気分転換になるのですよね。
(果たしてこんなことで、自分を守れるのかな…?)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ→心の持ち方 / ジャンル→心と身体

友人を作るのは難しい…。

2010–11–28 (Sun) 21:15
私が鬱病になってから、友人と連絡をとることも途絶え、友人と呼べる人を
なくしてしまった。

鬱が治った今は、やはり友人が欲しいと思うけれど、この歳になってから信頼できる
友人を作ることは本当に難しい…。

純粋に私は、利益の絡まない友人関係を求めているのだけれど、相手はそう思わない
らしい。
知り合って数回目には、何かを勧めてくる。

突然、無料でお茶を飲めるところがあるからつきあってと言われ行ってみると、
高額なエステ器具を売りつけるところだったりする。
きっとそのエステ器具を私が買うと、彼女にマージンでも入るのだろう。

見知らぬ人にそんなこと言われたら怪しいと思うけれど、友人だと思っている人に
言われたら、気持ちにスキができてしまう。

最近も似たようなことがあった。
最近、趣味を通じて知り合った人とランチをした。
ちょっと理解できないことが多い性格の彼女だけれど、趣味の話では会話が続くし
頑張ってみようと一時は思った…。

やっぱりダメだった。
普段、人と話していてイライラしたことのない私だけれど、どうも納得のいかない
ことが多すぎる。

そしてそのうちに、訳の分からないDVDを見せられて、買わないかと言い出す。
ハッキリしないところに誘いたそうな口ぶりで、うっかりのってしまうと、
どこに連れて行かれるのだろうと思う。
この人の目的は何だろう?と勘ぐりたくなる。

若い頃の優柔不断な私だったら、その場の雰囲気を壊したくないので、誘いにのったかも
しれないけれど、今の私は変わったんだ。

追記 – open

病気の恐怖から学んだこと。

2010–09–30 (Thu) 10:06
気がつけば、もう9月も終わり。
今月は、1つしか記事を書いていないことに気付きました。

最近、すっかりマイペース更新です。

鬱を経験する前の私は、人の目だとか評価などが気になり、このようなことは
できなかったなぁ。
マイペースというのは、結構難しいことだと思います。

私の場合、このような性格を少しずつ修正していくことで、鬱の改善に繋がったのかも
しれないと思っています。
そういう訳で、鬱以前の私と比べると、人に迷惑をかけない程度にズボラになりましたが、
これで良しとしています。

現在は、ゲップや腹痛、パニック症状は、随分落ち着きました。

9月上旬からの、体調の悪化の原因について考えてみました。
やはり、不安感が関係していると思います。

そろそろ1年に1度の胃カメラを受けなくてはいけない時期なので、昨年見つかった胃の
ポリーブが癌化してはいないだろうかと、不安が大きかったことも関係しているかも…。
検査自体も辛いし、緊張するとパニックが…とかいろいろ考えてしまったことも…。

先月の検査で、甲状腺にある良性腫瘍は大きくなっていなかったので、安心したばかり
なのですが、特に最近、癌に対する恐怖心がまた大きくなっているのです。
父は胃がん、母は悪性の脳腫瘍だったことも大きな要因です。

更に先月は、子供の頃から知っている方が、癌で亡くなったこともあって…。
その方は発見されたときには既に手遅れで、あちこち転移があったそうです。
数か月で亡くなってしまうなんて。

それから尚更、私の様々な体調不良は、まだ発見されていない癌がどこかに潜んでいる
ためでは、という恐怖が私の心の中で渦巻いていました。

いずれ私も癌になって、長くは生きられないのでは、日々思ってしまいます。
癌の闘病体験の方のテレビ番組を見ては、「あんなに苦しみたくない。」と自分に置き換えて
考えてしまいます。

【下に続きます。】
追記 – open

鎮痛剤から解放された日。

2010–05–21 (Fri) 11:12
6日間も鎮痛剤を飲み続け、ダウンしていました。

(お食事後の方、ごめんなさい!)
先月、女性の日(はっきり言って、生理)の2日前に腹部の激痛、下痢、嘔吐が
同時におこり、トイレ前の廊下に倒れるほどの突然の発作が起きてから、
生理発作の恐怖症状態になっていました。

たまにこの発作はあるのですが、生理前というのが怖い!
いつ襲ってくるか分からないから。

医者は生理前から鎮痛剤を飲めというけど、それでも前回間に合わなかった…。
前回は、家にいたのが不幸中の幸い。

だから今回は、予定日より早くても少しでもお腹に違和感があれば、鎮痛剤を飲むと
いうことを繰り返して、結局6日間飲み続けました。

体はボロボロです…。
頭も全然、回らない。
一体、バファリンは何日ぐらい飲み続けてもいいのだろう…。

義父の病院も、主人一人に任せてしまいました。
家から出るのが怖かった…。
あんな発作が、家以外で出たら大変です。救急車を呼ばれるに違いありません。

寝起きに突然やってくることもあるので、バァファリンが効いている間の4~5時間ぐらい
しか眠ることができない

そんなこんなで、今日ようやく鎮痛剤から離れました。
およそ22日~23日の周期で生理がくるようになったので、23日-6日=17日。
激痛の不安から逃れられるのは、17日間ずつしかないと思うと、ノイローゼになりそう…。

これじゃ、パニックも直らないわ…。(諦めて、どうする!)
女盛りじゃなくなるようで悲しいけれど、真剣に更年期がくるのを待ち焦がれている自分が
います…。

それでは、これから安心して眠ることにします。
主人も鬱で寝ているし…。
(主人の記事は、また次回にします。)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
テーマ→独り言 / ジャンル→その他

女性であることの 毎月の恐怖

2010–05–07 (Fri) 12:23
ここしばらくブログ更新ができず、訪問して下さった皆様に、すっかりご心配を
おかけしました。
たくさんのコメントをいただきまして、本当にありがとうございました。

やはり、ブログで他の方と繋がっていないと、寂しさを感じますね。
私、今では友達がいないものですから…。

体の方は、睡眠障害のため体調が良いとは言えないのですが、日常生活はなんとか
過ごすことができています。
ただ、倒れてしまってから精神的なダメージが長引き、ブログの文章を書く気力が
戻らずにいました。

本を読んだりテレビを見たりすることはできるのですが、文章が書けない…。
その原因を自己分析したところ、これは現実逃避ではないかと思いました。

本やテレビのドラマなどは、その世界に入り込むため、自分のことを考えなくても
いい…。
一方、ブログで自分のことを書くとなると、自分と向き合わなければならない…。
その自分と向き合うことを、無意識的に避けていたような気がします。

生理前の発作が起き倒れた直後から、ベッドで考えていたことは、
「こんな子宮、取ってしまいたい!」ということでした。

うつ病を長年わずらい、妊娠可能な年齢を通り過ぎてしまったこの体…。
子供を産むために使われるはずの子宮が、無意味なものになってしまった…。

それなのに無駄な生理がおき、毎回辛い思いをする…。
ときには、救急車を呼びたいほどの激しい発作となり、私の心身を苦しめる…。

それも最近では周期が短くなり、三週間ごとにその恐怖がやってくる。
病院では子宮筋腫はあるけれど、私の場合は直接の原因となるものではなく、
対症療法で鎮痛剤と、体質改善で漢方薬に頼るしかない。

こんなことを考えていると、うつ病まではいかないものの、うつ状態になって
いたのかもしれません。

【下に続きます。↓】
追記 – open

 | HOME |  次へ »

プロフィール

しばわんこ

Author:しばわんこ
夫は2000年にうつ病発症、現在も通院治療中。

私も1998年から2005年までうつ病を経験し、現在克服。
2008年にパニック障害になり、2011年頃よりパニック症状はなくなるが、飛行機や長距離の電車などは、緊張感からくる胃の不調に悩ませるため、未だに苦手。

カウンター

オンライン

現在の閲覧者数:

ページ移動

カテゴリ <クリック後、記事一覧>

  • はじめに、このブログについて(1)
  • パニック障害 &うつ病(27)
  • うつ病 only(21)
  • 心の傷と カウンセリング(7)
  • カウンセリング メンタルヘルス(9)
  • メンタル な話(6)
  • 日記(38)
  • 野球 日本ハムファイターズ(2)
  • 料理&お菓子(4)
  • 音楽(1)
  • おすすめグッズ(2)
  • 未分類(0)

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

リンク  <リンク先の紹介付き>

マウスでポイントすると、ブログの紹介文がご覧いただけます。↓ 下からどうぞ。

応援下さり、ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございます。
ポチッと応援いただけましたら、嬉しいです。
 ▼

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
FC2 ブログランキングへ

お気に入りに追加 (IE専用) 

記事内検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード