FC2ブログ

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンセリング費用の価値観

2010–01–24 (Sun) 21:13

前回からの続きです。 <前回の記事→ 選択が難しい カウンセリングルーム>

カウンセリングにかかる高額な費用を、私なりにこう考えてみることにしました。
精神病院に通うのにも、費用が必要です。もし仮に、下記の金額が同じだとしたら…。

<以前、8年間うつ病で治療していましたので…>

精神病院の1回の医療費 × 8年間分 (例えば、治るための年数)
カウンセリングの1回の費用 × 1年間分 (例えば、治るための年数)

こじつけかもしれませんが、もしこれで、同じ体調まで治ると仮定した場合、
違うのは「投薬の有無」と「7年間の時間の差」だと考えました。

トータルで同じ料金を払うとしたら、私の体に合わない薬も不要で、元気に過ごせる
時間が長い方を、選びたかったのです。

正直いって、私にとって精神病院のうつ病の治療は、一時的な不安をとるだけの
対症療法で、うつ病改善の効果を感じることができませんでしたので…。

(これは、精神薬の効果が薄く、副作用が強く出る体質の私の場合です。
誤解のありませんように…。)


私は、うつ病になっていた8年間は、取り返すことのできない大事な時期でした。
うつ病のせいで、多くの後悔を残すこととなり、重要な問題も、諦めなくてはいけない
結果に終ってしまいました。

8年間は、人生の大事な分岐点の時期でした。

【下に続きます。↓】

スポンサーサイト
追記 – open
テーマ→メンタルヘルス / ジャンル→心と身体

選択が難しい カウンセリングルーム

2010–01–23 (Sat) 16:30

前回からの続きです。  < 前回の記事→ 催眠療法とは…。>


カウンセリングルームでも場所により、療法の種類や金額も異なり、どのような所を
選べば良いのか、難しいところです。

療法の種類、資格の有無ぐらいは分かっても、カウンセラーの方との相性や信頼関係
など、ネットで調べるだけでは判断できないことも多くあります。

カウンセリングとは名ばかりで、怪しそうなところもあるそうです。

同じ催眠療法とは言っても、前世療法などを行っているところも多くあり、
スピリチュアルなものを感じさせる療法は、自分には向いていないと思っていました。

幸い、私の通うカウンセリングルームでは、カウンセリングを基本に、スピリチュアルな
雰囲気のない催眠療法と、 様々な心理療法を、組み合わせて行っているので、
安心して受けることができています。

ちなみに、私が受けている心理療法の種類は、こちらです。


カウンセリングを受けるにあたり一番悩むのが、やはり、その費用です。

地域や場所により様々ですが、個人のカウンセリングルームは、東京あたりでは、
1回でも数万円かかるところもあるようです。

以前テレビでみたのですが、精神病院に併設されているカウンセリングは、それより
低額のようですが…。

私の地域では、病院に併設されているようなカウンセリングルームは、見かけない
ため、個人で開いているところから選ぶのが主となるのですが、その費用は、
もちろん保険が利かないので、高額で辛いところです。

価値観により考え方は違うとは思いますが、費用対効果があるかどうかも、かなり
悩みました。
(こればかりは、考えたところで分からないことですが…。)

そこで、カウンセリングにかかる費用について、私なりに納得できる考え方を持って
みることにしました。

次回に続きます。  <次回の記事、カウンセリング費用の価値観はこちら。>



にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

催眠療法とは…。

2010–01–21 (Thu) 21:55
前回からの続きです。 <前回の記事→ パニック改善の手段を探して…。>

催眠術といったら、昔よく芸能人が集団で催眠にかかり、突飛な行動をしてしまう、
あの怪しいやつ ? と思い調べてみると、テレビなどで放送されている催眠術は、
ショー的要素が強いということがわかりました。

カウンセリングで、主人が催眠術をかけられている? と私が思ってしまった催眠療法
は治療なので、目的が違うようです。

そこで、催眠療法について、調べてみました。

人間の意識の90%が潜在意識(無意識とも呼ばれています。)であり、りの10%が
普段私たちが頭で考える、顕在意識
だと言われているそうです。

潜在意識(無意識)に入っているマイナスイメージ等は、自分の思考とは関係なく
意識上にあがってきたり、頭ではわかっているのにできない、ということに
関係してきます。

良いイメージにも、悪いイメージにもかかわっているのが、潜在意識なのです。
良いイメージを持つ暗示の言葉を使い、潜在意識に働きかけるために、催眠療法を
用いるそうです。

私が通っているカウンセリングのHPには、このように説明書きがありました。

◆催眠心理療法◆
「人は良好な催眠状態に降りて行くと、頭の思考が一時的に休息をはじめ、自分
自身の奥深く、心の領域へと入って行きます。

催眠療法は、行動修正や退行を組み合わせて、問題の原因となっている思い込み・
正当化された価値観などを開放していきます。

また、催眠療法による心地の良い深いリラックス感は、心と身体の緊張がほぐれ
健康な状態へと回復を促進させます。」

【下に続きます。↓】
追記 – open
テーマ→メンタルヘルス / ジャンル→心と身体

うつの ハードル 「自由奔放な子供の心」

2010–01–08 (Fri) 20:00
前回からの続きです。  <前回の、エゴグラム 第3弾は、こちらから。>
<第 2弾は、こちらから。> <第 1弾は、こちらから。>


エゴグラム 第4弾

FC(自由奔放な子供の心)の話に戻すと、やはりこれも、適度な値の高さは
ストレス対策にも良いのですが、他の項目と同じで、高すぎると、
これもまた問題になるようです。

あまり自由奔放に行動しすぎると、周りとの協調性がなくなり、周囲が迷惑
する
とのこと。

あらっ、でも私、主人以外の人とは、協調性あったような気がするけど…。
あぁ、だからこの検査結果は、やっぱり主人に向けての、心の状態なんだ…。
家庭にいるときだけなんだ…。
と自分に言い聞かせ、「私は他人に対しては、ひどい迷惑かけてないよ…。」と
自分を、正当化していました…。

それにしても、家庭にいるときだけでも、FC(自由奔放な子供の心)の点数が
高い私が、心の病気になるなんて、本当に不思議です。
前回も書きましたが、やはり、CP(厳格な父親の心)の高さとか、その他の
原因があるのでしょう。

まだ、このFC(自由奔放な子供の心)の高さのおかげで、今現在、私は
救われていると、カウンセリングの先生に言われました。
それほど、FC(自由奔放な子供の心)の高さは、重要なことだそうです。


そこで、私以外の人が、FC(自由奔放な子供の心)を高める方法を、
ネットで調べてみました。


【下に続きます↓】
追記 – open
テーマ→メンタルヘルス / ジャンル→心と身体

「自由奔放な子供の心」の大切さ。エゴグラムから

2010–01–07 (Thu) 18:30
前回からの続きです。  <前回の第 2弾は、こちらから。> <第1弾は、こちらから。>

エゴグラム 第 3弾

エゴグラム 第 1弾 の記事にも書きましたが、私にとっては思いがけない結果でした。
この結果は主に、主人に対しての心の状態でした。

カウンセリングの先生が言われることには、周りに置かれている状況や、1日の中でも
検査結果が変化するようです。

例えば、私が年長者と接している場合は、おそらく、NP(母親の心)とAC(従順な子供の心)
が高くなり、FC(自由奔放な子供の心)は低くなるという結果で、今回とは全く逆になると
予想されるらしいのです。

主人の父の前では、自由奔放に振舞うより、お世話する気持ちが強くなるので、確かに
それは、うなづけるものがあります。

主となる性格傾向が1日の中で、長い時間現われやすいということなのだそうです。

それを知った上で、自分の性格分析を進めると…。
前回、CP(父親の心)が高いため、ストレスを感じやすいことが分かった訳ですが、
私の場合は、FC(自由奔放な子供の心)も高いことで、まだ救われていると、先生から
話がありました。

これが、私の結果とは逆に、AC(従順な子供の心)の点が高く FC(自由奔放な子供の心)
が 低いと、更にストレスがたまりやすいそうです。
自分の気持ちを無理に抑えて、相手に合わせようとする気持ちが強くなるからです。


【下に続きます↓】
追記 – open
テーマ→心の持ち方 / ジャンル→心と身体

 | HOME |  次へ »

プロフィール

しばわんこ

Author:しばわんこ
夫は2000年にうつ病発症、現在も通院治療中。

私も1998年から2005年までうつ病を経験し、現在克服。
2008年にパニック障害になり、2011年頃よりパニック症状はなくなるが、飛行機や長距離の電車などは、緊張感からくる胃の不調に悩ませるため、未だに苦手。

カウンター

オンライン

現在の閲覧者数:

ページ移動

カテゴリ <クリック後、記事一覧>

  • はじめに、このブログについて(1)
  • パニック障害 &うつ病(27)
  • うつ病 only(21)
  • 心の傷と カウンセリング(7)
  • カウンセリング メンタルヘルス(9)
  • メンタル な話(6)
  • 日記(38)
  • 野球 日本ハムファイターズ(2)
  • 料理&お菓子(4)
  • 音楽(1)
  • おすすめグッズ(2)
  • 未分類(0)

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

リンク  <リンク先の紹介付き>

マウスでポイントすると、ブログの紹介文がご覧いただけます。↓ 下からどうぞ。

応援下さり、ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございます。
ポチッと応援いただけましたら、嬉しいです。
 ▼

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
FC2 ブログランキングへ

お気に入りに追加 (IE専用) 

記事内検索フォーム

最新トラックバック

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。